甘い話にはわながある

車の査定をしてもらおうと何社も買い取り業者を回っていると、
すごく高い査定額をつけてくれる業者がいます。
どこの業者も100万前後という価格してかつけなかったのに、
150万という価格をつけてきた。
こういうこともあります。

しかし、甘い話には罠があります。
そういった場合、大抵その店が買い取るのではなく、
オークションに出品してみないか?
という話です。

オークションの相場なら150万は硬い。
ということでした。
つまり、その買取業者が買取のではない。
ということです。

しかし、150万が硬いのなら、その買取業者に130万で買い取ってもらえば
いいのです。
こちらも通常より高く売却できますし、買取業者も150万が硬いのなら、
結構な利益がでます。

しかし、逆に上記のような話を持ちかけると99%断られます。
どういう仕組みなのかわかりません。
まあ嘘ということでしょうね。
出品手数料だけいただこうという魂胆が丸見えです。

ですので、甘い話には罠があるということも頭に入れておいてください。
査定額もかなりの高額がついたら、書類でその査定額を保障する契約をしてください。
こちらで予め騙されないように対策をしておくことで、
罠にかかる確率は極めて低くなるでしょう。
車の査定業者に関してなら、こちらにも詳しく記載されていますので、ご覧ください。
http://xn--cnq84jhcu020a3fc.asia/
http://xn--tor79gt84ay6w3fc.asia/

Leave a Reply